新川ギャラリー(文書館)

新川ギャラリー(文書館)

酒問屋の街、新川の足跡を辿るさまざまな書物・文書。


東京酒問屋沿革史

東京酒問屋統制商業組合編(1943):東京酒問屋沿革史、東京酒問屋統制商業組合、457p.
戦時下の統制組合である東京酒問屋統制商業組合によって編纂された、江戸の下り酒問屋に始まる東京の酒問屋衆や組合の沿革をまとめた書籍。歴史のみならず当時の資料から「酒界の逸事及び変遷」などのトピックもまとめられている。


東京新川の今昔

岡村亀崖(岡村岑三郎)(1963):東京新川の今昔、自費出版、215p.
新川大神宮の再興の挙を首唱した新川酒問屋の筆になる新川・新川酒問屋の歴史をまとめた書籍。新川開鑿に始まり、江戸期における問屋制度の確立から明治期以降昭和に至るまでの新川や酒問屋の歴史をそれぞれの時代の日本酒事情も絡め、膨大な史料をもとに記した大著。本ホームページ作成に際し同書にインスパイアされた部分も少なくない。


酒蔵の町・新川ものがたり

高木藤夫・高木文雄・沢和哉(1991):酒蔵の町・新川ものがたり~高木藤七小伝、清文社、453p.
新川酒問屋の一つ「中井商店」の本家筋のいとこにあたる著者の一人が所蔵する膨大な資料の解読を通じて、明治の中井商店店主高木静七家の暮らしをはじめ往時の新川や新川酒問屋の姿を描いた書物。


新川物語~酒問屋の盛衰

望月由隆(2010):新川物語~酒問屋の盛衰、文藝春秋企画出版部、191p.

酒類業界紙の元記者である著者が、新川の歴史、新川にまつわる話、そして最近に至る戦後のこと、現在までの酒問屋の盛衰などを資料や取材をふまえ著した書物。前書きによれば上掲した「東京新川の今昔」が執筆のきっかけとのことで、同書からの引用も随所にみられる。